【初心者向け入門編】仮想通貨ビットコインとは?仕組みとメリット・デメリットを解説!

暗号資産・ビットコインとは?

ビットコインは世界で初めて誕生した仮想通貨(暗号資産)デジタル資産です。

インターネット上で取引が行える通貨で世界中の投資家から現在高い注目を得ています。

暗号資産にはビットコインの他にイーサリアムやライトコインなど多数ありますが、ビットコインを除くその他の暗号資産を総称してアルトコインと呼びます。

今回は暗号資産の代表格『ビットコイン』の歴史とその特徴、メリット・デメリットを初心者にもわかりやすく詳しく解説していきます。

始まりは日本人?ビットコイン生みの親の名は『サトシ・ナカモト』

ビットコインの始まりは2008年10月サトシ・ナカモトという人物がインターネット上で発表した一つの論文がスタートと言われています。

そこから3ヶ月後の2009年1月ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアが開発され公開されました。

2010年5月アメリカでピザ2枚を購入するのに1万ビットコインが使われたのが世界で初めてのビットコインが使われた実例と言われ、このことから5月22日は『ビットコイン・ピザ・デー』と呼ばれています。

ビットコインの管理組織は?法定通貨と異なる点

ビットコインの大きな特徴として円やドルなどと違い中央銀行にあたる管理者が存在しないことです。

各国の中央銀行が発行する通貨はその価値を国家によって補償されています。

それに対しビットコインをはじめとする仮想通貨は発行元となる国や組織が存在しません。

では誰が管理をしているのか?

答えはビットコインを売買している人全員で管理されていることになります。

ビットコインの管理にはブロックチェーンという特殊な技術が使われ、世界中にある全ての取引情報が記録されています。

そのため万が一管理者の一人が取引台帳を紛失したとしても、世界中に分散されている管理者によって記録されているため改ざん等が行えない仕組みとなっています。

ビットコインでできること・メリット

仮想通貨と呼ばれるビットコインは当然ながら『通貨・お金』としての機能・役割を果たします。

ビットコインでできること・メリット
  1. 決済・・支払い手段として
  2. 送金・・受け取りなど国内外問わず世界中
  3. 投機・・資産形成手段として

ビットコインでできること①決済、支払い手段としての役割

ビットコインは通貨であるため当然決済手段としても利用することができます。

国内でもビックカメラ・旅行代理店大手のHISなどでも利用できるほか、海外でもビットコインの利用できる場所であればで両替なしで利用することができます。

但し国内に限って言えばまだまだ実店舗で利用できる施設は限られているのが現状です。

ビットコインでできること②送金、国内外問わず世界中

二つ目はビットコインは国内外問わず世界中どこにでも送金・受け取りが行えることです。

しかもただ送金ができるだけでなく『手数料を安く・短時間』で行えることが大きな特徴です。

通常他者へ振込など行う場合は銀行を介して行うので振込手数料などが余計にかかり、また海外へ送金する場合は手数料がさらにかかることに加え日数も2〜3日かかることが一般的です。

それに対しビットコインは一般的に各国でお金を管理する『中央銀行』にあたる組織が存在しないため基本的に手数料が発生することなくもしくはこれまでよりも格安に、且つ高速で手続きを行うことができます。

ビットコインでできること③資産形成手段として

三つ目は資産形成の手段として大きな可能性を秘めていることです。

まだまだ発展途上である現在は恐らくビットコインに興味を持った人、もしくは既に売買をしている人のほとんどがこの点に注目してからの理由でしょう。

実際ビットコインは2017年の1年間で約22倍にまで暴騰した実績を持ちます。

もし仮に460万円のビットコインを持っていたとしたら、なんとたった1年で億り人になっていたのです。

それくらいビットコインの秘めた可能性は計り知れないものがあります。

ビットコインに投資することのリスク・デメリット

ビットコインでできること、メリットについてお伝えしましたが投資である以上リスクも必ずあります。

投資の大原則はノーリスク・ノーリターン、必ずデメリットについてもしっかりと認識することが大切です。

ビットコインに投資することのリスク
  • 激しい価格変動(ボラティリティが高い)
  • 法令や税制変更によるリスク
  • 詐欺、ハッキングリスク

ビットコインに投資するリスク①価格変動が大きい(ボラティリティが高い)

ビットコイン投資のリスクの一つ目はボラティリティが非常に大きいことです。

メリットの面で1年で約22倍にも暴騰したことをお伝えしましたが、裏を返せばそれだけの暴落の可能性もあるということです。

現在のところビットコインはこれだけの価格変動があることからハイリスク・ハイリターンな投資であると言えます。

そしてどちらかというと投資よりも投機という側面の方が強い金融商品です。

今現在価格が暴騰しているからと言ってこの先もずっと上がり続けるかどうかは誰にも読めません。

ビットコインの売買を行う上で自分がどういった投資スタイルで取引を行うかしっかりと認識することはとても重要なことです。

間違えても生活資金をかけて行うのでなく、あくまで余剰資金の中で行いましょう。

ビットコインに投資するリスク②規制強化・法令や税制変更によるリスク

二つ目のリスクは法整備が追いついていない現在において今後規制強化や税制変更などが行われるかもしれない点です。

例えばアメリカや中国などの経済大国でビットコインをはじめとする仮想通貨の規制が仮に強化されたら、ビットコインの需要は大幅に激減してしまうことは想像に難くありません。

またビットコインのデメリットとして税金が非常に高い点も挙げられます。

ビットコインの取引により発生した利益は雑所得として分類されます。

もし仮にビットコインで得た利益が4000万円を超えた場合課税率は45%となります。

つまり1億円稼いでも約半分の4500万円を税金として支払わなければいけないのです。

株や債権が約20%で済むのと比較すると差は歴然であり、この点は事前に認識しておく必要があります。

ビットコインに投資するリスク③詐欺、ハッキングリスク

三つ目は詐欺、ハッキングによるリスクです。

ビットコインを除くその他の仮想通貨を総称して『アルトコイン』と呼び世界に3000種類以上あると言われていますが、実際はその内の約9割以上が価値のないものとされています。

またハッキングについても日本国内だけにとどまらず世界各国でこれまで被害が発生しています。

これについての対策は日本国内でセキュリティのしっかりした大手の取引所を選ぶことが大切です。

ビットコインにおすすめの仮想通貨取引所

日本でビットコインを購入するには仮想通貨取引所にて口座を開設する必要があります。

口座開設自体は無料で開くことができるのでまずは開設してみることがおすすめです。

ただその中でも手数料だったり取扱銘柄など違いがあるので、ここではビットコインの取引をするのにおすすめの仮想通貨取引所を三つ紹介します。

おすすめの仮想通貨取引所
  • Coincheck(コインチェック)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • DMM Bitcoin

おすすめの仮想通貨取引所①Coincheck(コインチェック)

コインチェックは東証プライム上場企業『マネックス証券株式会社』の傘下であることでも有名です。

国内アプリダウンロード数No.1を誇るだけあってスマホでの取引画面も操作性が高く初心者の方にもおすすめです。

Coincheck(コインチェック)のおすすめポイント
  • 取扱通貨数国内トップクラス(17種類)
  • マネックスグループ傘下でセキュリティ面も安心
  • アプリダウンロード数No. 1


おすすめの仮想通貨取引所②bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーはビットコインの取扱量国内No. 1の言わずと知れた国内最大の仮想通貨取引所です。※1

ビットフライヤーは取引量が多いことに加え、積立設定についても金額、頻度など柔軟に設定が行えるためコツコツと投資していきたいという方にもおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)のおすすめポイント
  • ビットコイン取引量国内No. 1※1
  • 積立金額・頻度など柔軟な設定が可能
  • ハッキング被害0、安心のセキュリティ

※1Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

おすすめの仮想通貨取引所③DMM Bitcoin

DMM BitcoinはDMM FXなででも有名なDMM.comのグループ企業です。

DMM FXなどで培われたノウハウをもとにセキュリティ面でも評判の高い取引所です。

DMM Bitcoinの大きな特徴として入出金など各種手数料が無料で行えることが挙げられます。

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 入出金など各種手数料が無料
  • レバレッジ取引取扱通貨数No. 1
  • DMMグループ傘下であるため安心のセキュリティ

まとめ:ビットコインを正しく理解して余剰資金から資産運用をスタートしよう

ビットコインの歴史・メリット・デメリットについて解説しました。

ビットコイン投資のメリット

  • 決済手段として:外貨両替の必要なく世界中で利用できる
  • 送金:格安の手数料で高速に送金が可能
  • 資産形成:1年で22倍ものリターンを生み出す可能性

ビットコイン投資のリスク・デメリット

  • 価格変動が大きい
  • 規制強化、税制変更などの可能性
  • 詐欺・ハッキングリスク

投資である以上リターンがあれば必ずリスクも存在します。

大切なのはビットコインの持つメリット・デメリットをしっかりと理解して余剰資金の中からスタートすることです。

ビットコインはまだまだ今後も市場規模の拡大、将来性の大きな仮想通貨です。

しっかりと計画性を持って将来に向けた資産運用を始めていきましょう。

【初心者向け】bitFlyer(ビットフライヤー)で口座・アカウント簡単開設!メリット・デメリットは? 【初心者向け入門編】コインチェックでアカウントを作成してビットコインを始める方法! 【初心者向け入門編】コインチェックでアカウントを作成してビットコインを始める方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA