【番外編】子供の遊び場関東おすすめスポット・埼玉にムーミン谷!トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

北欧のムーミンの世界観が楽しめる、緑豊かな飯能の自然公園

埼玉県飯能市に位置するトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園。

この公園は北欧の童話作家でムーミンでも有名なフィンランドのトーベ・ヤンソンとの手紙のやりとりから生まれました。

ムーミンの世界観を見事に再現し、春夏秋冬季節を体感できる素晴らしい公園です。

近年はムーミンブームであちらこちらでムーミン展が開催され、ムーミングッズのコラボ商品も多数販売されています。

ムーミン熱が俄に加熱する一方で、昔はテレビアニメで放映されていたムーミンアニメも今ではテレビで見ることはほとんとないように感じます。

この公園はそんな

『ムーミンは知っているけどアニメはなんとなくしか見たことないなぁ』

なんて方でもなぜかどこか懐かしさを感じさせてくれるようなほっこりする公園となっています。

園内にはおしゃれなカフェもあり大人も子供もゆっくりとした時間を過ごすことができます。

きのこの家や、スナフキンの家など物語のような美しい景色が広がり子連れでまだ子供が小さい年齢でも記念に写真を撮ったり様々な楽しみ方もできておすすめスポットです。

それでは各スポットを順番に紹介していきます。

春夏秋冬全く違った景色を楽しむことができるよ☆

ムーミン屋敷?きのこの家

駐車場から坂を登り一番に目に見えてくるきのこの家

こちらのきのこの家、実際に建物の中へ入ることができます。

原作のムーミン屋敷は青い建物に赤色の屋根が特徴的ですが、中へ入って見ると中々の完成度で驚きます。

中へは靴を脱いで上がります。

建物の中には暖炉があり冬は実際に薪を起こしていました。

おしゃれなシャンデリア、そして木の温もりを感じられる可愛らしい家具、雑貨がたくさんあります。

さらに外階段もあり子供がワクワクする仕掛けがたくさん、はしゃぐこと間違いなしです。

中の階段は意外と急なので子供が滑ったりしないように注意が必要です。

私たちは抱っこ紐で行ったから結構ヒヤヒヤするとこがありました^^;

MEMO
床は木で意外と滑りやすいので子供を抱っこしたりしている時は注意が必要

ムーミンパパ作!インスタ映え間違いなしの水あび小屋

ムーミンといえばですぐに思いつくのがこちらの水あび小屋

遠目からの景色は本当にムーミンの世界に入り込んだかのよう。

こんな美しい景色の中でスナフキンが釣りをしていたら絵になること間違いなし。

中は見た目からもわかるようにとても狭いのでどちらかというと遠目から全体の景色、世界観を楽しむのがおすすめ。

みなさん礼儀正しく前の人を待って順番に写真撮影をしていました。

 

子ども劇場

駐車場から坂を登って公園入り口にある建物が『子ども劇場』です。

独特な屋根の形をしたこちらの建物には管理事務所がありここで園内のパンフレットなどが用意されています。

またトイレもこちらの建物内にあります。

上階にはコンサートやイベントなど様々な催しが行われるホールがあり、冬にはホールにクリスマスツリーが飾られます。

そしてなんとこちらのドーム樹齢100年を超えるヒノキの丸太が使われているそうです。

建物は外階段を通じて出入りすることができます。

一階には洞窟のような空間が広がり心なしかひんやりしていました。

階段を登っていくと屋上のようなスペースに繋がっています。

屋上の柵にはたくさんのニョロニョロ、おばけ?がいました。

こちらの建物、屋根の上に登ろうと思えば簡単に登れてしまうため柵が設置されているのですが、ただ柵を設置するだけでは面白くないので手すりの上にたくさんのおばけだったりニョロニョロが描かれているようです。

確かにこのおばけたちに気を取られて登ろうなんて気は全く起きなかったですし(そもそも登りませんが^^;)、こんなところにまでユーモアを感じさせてくれる仕掛けがあったりするところが素晴らしいです。

森の家

ムーミン童話の作者、トーベ・ヤンソンの資料を展示した資料館『森の家』。

こちらの建物も入り口で靴を脱いで上がります。

独特な形をした外観は飯能産西川材のひのき丸太を縦に重ねて波打つようなデザインとのことです。

一階にはムーミンやトーベ・ヤンソンに関する資料が飾れられています。

建物の中は一部吹き抜けになっており2階には本が並べてあります。

もちろん中の椅子、テーブルも木材でできています。

レストランギャラリーカフェ・カフェプイスト

園内にある唯一の食事ができるカフェ『カフェプイスト』。

ブルーを基調としたおしゃれな外観は公園にマッチします。

中はテーブル席だけでなく靴を脱いで上がれるスペースもあり子供がまだ小さくても安心して食事が楽しめます。

また店内奥にはキッズスペースもあり食事が届くまで子供もぐずることなく待つことができます。

2階には木製のカウンター席があり隠れ家的な雰囲気が広がります。

メニューは

・テリヤキチキンとマッシュポテト、卵のオープンサンド(単品850円、セット1000円)

・タコライス

などお手頃価格なところも嬉しいポイントです。

 

アクセス

住所:埼玉県飯能市大字阿須893−1

【車】

圏央道「狭山・日高IC」から20分(13.3km)

圏央道「青梅IC」から20分(8.6km)

関越自動車道「川越IC」から50分(14.4km)

駐車場:無料

『電車』

西武池袋線「元加治駅」から徒歩20分

注意
こちらの施設の駐車場は隣接する市民体育館、市民球場、ホッケー場と共用のため土日祝日などのイベントと重なると早い時間帯から満車となってしまうようです。

無料で楽しめ家族連れ、カップルのデートにもおすすめ!注意点は

以上トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園について紹介してきました。

各施設紹介してきましたがなんと言ってここの凄いところは入園料・駐車場無料で楽しめる点です。

これだけのクオリティ、世界観を表現していながら入場料など一切かからずに楽しめるのは本当に素晴らしいことだと思います。

ただ一つ注意点としては、園内はそれほど広くないので子供と一緒であっても一日中遊ぶには少し物足りないところがあるかと思います。

また公園内とても景色が綺麗で絵になるのでカップルなどのデートコースやお散歩にもおすすめで、実際私達が訪れた日も若いカップルであったり女性友達同志であったりなど様々な方が楽しんでいました。

しかし大人だけであればせいぜい半日あればというとこでもあるので、遠方から訪れる際はここだけでなく近隣の観光と絡めて訪れるのが良いかと思います。

なので例えば車であれば、三井アウトレットパーク入間(6.9km)やお隣のコストコでショッピングを組み込んでコースを組めば充実した一日を過ごすことができるかと思います。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園はムーミンの世界観を表しているのはもちろんのこと、何より四季折々に見せてくれる景色が本当に美しく訪れた方を癒してくれます。

是非とも一度は爽やかな風や木漏れ日を感じに訪れてみてはいかかでしょうか。

以上最後までご覧いただきありがとうございました。

【番外編】子供の遊び場関東おすすめスポット・埼玉県みさと公園 アスレチック・お花見・BBQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA